こんなかんじ

体力低下中

2月3日 月曜日 曇り

f:id:somewherearoundhere:20200208232451j:plain

朝はちゃんと起きられず、朝食を食べ損ねた。電車が人身事故で遅れていた上に、線路への飛来物の影響だとかでさらに遅れる。やっと動いたーと思ったら、一駅走ってすぐ急病人のため緊急停車ボタンが押されたらしく、また止まってしまった。運良くシートに座っていた私の前に立っていたオババふたり(50代後半くらい)が、示し合わせたかのような露骨なため息。というか「はぁーあ」って声まで聞こえていた気がする。こんなに混雑した電車で牛歩のような運転してたら、酸欠やら貧血やら具合が悪くなる人がいたっておかしくないでしょ。あなたたちはもし自分が具合が悪くなっても自力でどうにかするんだな?間違っても誰かに助けを求めたり、緊急停止ボタンを押したりするんじゃないぞ。次の駅で自力で下車し、自力でタクシーに乗って病院へどうぞ。

夜は夫と帰宅時間が重なったので、最寄駅2で待ち合わせた。節分だし太巻きでも食べよう、ということで、キムパ、チャプチェ、ヤンニョムチキンを買って帰宅。スープ代わりに辛ラーメンを半分こして食べた。

福岡で(暇すぎて)買ったチャックテイラー(赤)を収納するために、今持っているチャックテイラー3足(白、黒、青)を処分しようとしたら、夫に「そんなに育っているのに捨てるのはもったいない」と言われた。ゴミ同然のスニーカーだけれど、ここまでボロにするには確かに数年かかった。これらはゴミなのか?自前のヴィンテージなのか?2分くらい悩んで、いちばん汚い白だけ捨てることにした。それから、お気に入りすぎて1年くらい毎日のように履いて、右の爪先が破れたナイキのブレーザー(黒)も一緒にサヨナラすることにした。ブレーザーは1足買ってあまりに良すぎて、不安になって3足買い足したので、次の1足もまだ履き潰せる。あんしん〜。