こんなかんじ

体力低下中

11月26日 月曜日 晴れ

f:id:somewherearoundhere:20181127160643j:plain

お気に入りの香港料理店で昼食を食べた。定期的に食べたくなるのだけれど、未だにサンドニッチやバターの挟まったパン(?)、エッグタルトなどを食べていない。出前一丁もまだ食べていない。きょうはミルクコーヒーじゃなくて、香港流の激甘レモンティーにしてみた。お肉のソースはブラックペッパー。

夫も以前から「俺も行きたい」と行っているお店で、というのも職場の香港人の女の子がこのお店に行きたがっているそうだ。私もランチでしか行ったことがないけれど、確かに香港人と思しきお客さんがとても多い。地元の味に近いのかもしれない。私がきょう食べたこの料理も「香港で洋食みたいの食べると、こういうソースかかってるわ〜」と夫が言っていた。

18時半には会社を出るつもりだったのに、結局20時を過ぎてしまった。駅で夫と合流できたので一緒に帰り、さっさと焼きそばを作って食べた。青のりが無かったのが残念だけれど、焼きそばは簡単で安くて美味しいので正義。

夕食時、友人夫婦に子どもができたと夫から聞いた。ことしの秋には友人2人が出産し、来月にも友人が出産を控えている。我が家はもうすっかり「夫婦二人の人生」を想定して暮らしているけれど、やっぱりときどき、こういう知らせを聞くと嬉しさの影に少しのもやもやがいる。私たちは私たちだ、とわかっているつもりでも、頭では理解できない気持ちがあるのだ。世の中には、こどもを産まずに元気でたのしく美しく人生を謳歌している年上の女性がたくさんいる。私のあこがれの女性もそうだ。彼女たちも、こういうもやもや期を経ているのだろうか?それとも、ときどきふと、こういうもやもやが出現したりするのだろうか?

かといって、積極的にこどもを授かろうとする気がないのもまたしかりなわけで、この気持はこの先もしばらくハッキリすることはないんだろうな〜。妊娠が発覚した友人夫婦はこどもを欲しがっていたので、よかったね!おめでとう!と伝えよう。その気持に偽りはない。

 

夕食を食べ終わって22時半、お風呂を洗って久しぶりに自宅でお湯に浸かった。温泉の素は別府にした。お風呂上がり、頭のてっぺんから足のつま先までぽっぽして気持ちがいい。ルマンドアイスのミルクティー味を食べて深夜0時過ぎに就寝。