こんなかんじ

体力低下中

2月22日 木曜日 曇り時々雨

f:id:somewherearoundhere:20180301173048j:plain

9時過ぎ起床。近所にあるお気に入りのパン屋へ行き、朝食を購入。しばらく食べられなくなってしまうけれど、また必ず買いに来るからね!

パンとコーヒーで遅めの朝食。夫は実家に車を取りに出かけ、私は荷造り。派遣会社から電話があり、4月からの勤務先を斡旋してもらう。Webエントリーしている中から第一希望を伝えると、営業管轄が違うと言われてしまった。直感的に「すぐ担当支社へ電話した方がいい」と思い電話を掛けると、車内検討にまわしてくれることになった。このままのスピード感でスムーズに決まって欲しいけれど、どうだろう。

いったん戻ってきた夫は引越し業者に預けたくないワレモノや大切なものを車に積み、新居のリフォームチェックに向かった。私も同行したかったけれど荷造りが終わりそうにないし、ケーブルテレビ会社が機材を引き取りに来ることになっているので家に残った。

15時半過ぎに夫が戻ってきたので、今度は大量の不要な衣服を車に積んでサルベーションアーミーへ持って行く。これには私も同乗。洒落たブランドの服も含まれているので、誰か掘り出して着てくれたら嬉しい。帰りにコンビニに寄って、遅い昼食用のカップ麺と私の夕食などを購入。帰宅してカップ麺を啜り、さっさと身支度を済ませた夫は17時に出かけて行った。職場でお世話になったIさんの送別会。Iさんのことは私も知っている。私たちの引越し当日が最終出勤日なので、夫は今夜の送別会に出席しないわけにはいかないのだ。

私は不休で荷造り。作業の合間の夕食は、夕方コンビニで買った餃子スープに最後の冷凍ご飯をぶち込んだやつ。ひとつの作業が終わるたびに忘れていた作業を思い出し、いつまで経っても終わらない。途中でハンディラップが終わってしまったので、近所のホームセンターへ買いに行く。小雨が降っていたけれど、傘を持たずに出てしまった。この道をこうして歩くことももう無いのだろう。

深夜0時過ぎに夫が帰宅した時には、私はもうボロ雑巾のようになっていて、シャワーを浴びる体力すら残っておらずそのまま就寝。