こんなかんじ

体力低下中

11月25日 土曜日 晴れ

f:id:somewherearoundhere:20171129190254j:plain

8時半起床、朝食はいただいたメロンパン、コーヒー。身支度をして家を出る。

10時に西新宿のショールーム。先週行った乃木坂のショールームより広く、家族連れでなかなか混雑していた。わーわーしつつ流れ作業的な雰囲気に夫は少し気が滅入ったようだったけれど、お目当の洗面台の紹介をしてもらうといつもの感じに戻っていた。

私たちがホームページを見て気に入った洗面台はハイクラスのシリーズらしく、展示されているものはどれも高額だった。しかし、実際に見学していちばん理想に近かった洗面台は、だいぶお安いシリーズで、商業施設やオフィスビルなどでも使われるものだった。いずれも1時間程度で見積もりを出してくれるというのでお願いする。ハイクラスシリーズと商業施設でも使われているシリーズ、金額も2倍以上違う相反する2種類を見積もってもらって、中の人は「こいつらなんだ?」と思ったかもしれない。

ショールーム内をうろうろして時間を潰す。お風呂もリフォームしたいところだけれど、お風呂が最も高額なので早々に諦めた。他にも今回のリフォームとは関係ない玄関ドアやサッシなども冷やかしに見てみたりした。見積もりを受け取って歩いて新宿駅へ向かい、渋谷に移動する。

「昼過ぎに渋谷の交差点にいるなんて、なかなかないよね」なんて言いながら道玄坂をのぼる。パク森カレーで昼食、その後さらに坂をのぼってアンティークショップへ。何年か前に椅子を買いに来た時は、アンティークショップからのパク森だった。このショップとカレーは、私たちの中でセットになっているようだ。

ショップのホームページを見て気になっていたステンドグラスを見せてもらう。実物もとても素敵でサイズもちょうど良さそうだったので、買うことに決めた。翌週車で取りに来る、という案もあったけれど、緩衝材でしっかり梱包してもらって夫が手で持ち帰ることにした。

代々木八幡の手前くらいまで、普段歩かない道を散歩する。天気よく気持ちよく、どこまでも歩いて行けそうな気分だった。そこそこの大きさと重量のステンドグラスを抱えた夫も「案外大丈夫」と言いながらいい気分で歩いていた。センスの良い家具屋を見つけて盛り上がったあと、「ケーキ屋かチョコレート屋があれば買って帰りたいなー」と話していると、とてもいいアイディアが浮かんだ。今の家に5年も住んでいるのにいつも素通りしていた近所のケーキ屋へ寄って帰ろう!

バスで自宅最寄りまで帰り、小さなケーキ屋へ行く。私はカスタードクリームの上にフルーツが乗っているケーキ、夫はオレンジとブランデーのケーキを選んだ。お店の方は、とても気さくで雰囲気のいい方だった。もっと早くから来ていればよかった。

帰宅して、きょうもらった見積もりをじっくり見たり他社と比較したり。壁紙とクッションフロアのカタログも、あらためて見てみたり。壁紙とコッションフロアもショールームを見学することに決めた。

録画しておいた「フリースタイル・ダンジョン」「刑事ゆがみ」などを見つつ、編み物をしたりして少し休む。2014年のクリスマスに夫がプレゼントしてくれた毛糸でマフラーを編んでいる。棒針編み不得手なのもあり、ちょっと編んでは放置をくり返し、3年経ってしまった。この冬こそは完成させたいと思い再び取りかかったら、裏目だけのシンプルな編み方にようやく慣れて、スイスイ編めるようになりとてもたのしい。この勢いで模様編みにもチャレンジしたい。好きなのに不得手、という悲しみからの脱皮!

紅茶を淹れて買ってきたケーキを食べる。どこか懐かしく、飽きのこない味だった。

21時から「10人旅」という番組を見たかったので、20時45分頃あわてて近所のスーパーへ食材を買いに行く。夕食はどうしても、袋麺の肉野菜炒めのせを食べたかった。今読んでいる植本一子の「かなわない」にそんなようなものが出てきたからだと思う。

いくら袋麺とはいえ5分では作れないので「10人旅」は録画しておき、らーめんができあがってから追っかけ再生で見ることにした。夕食は、サッポロ一番塩らーめんに、豚肉こま切れ、もやし、にらを辛く炒めたやつのせ。「10人旅」は仲良し芸人が1泊2日で金沢を旅行する番組。金沢、行ってみたいな。

そのままだらだらテレビを見続け、深夜2時頃就寝。