こんなかんじ

体力低下中

2月8日 土曜日 晴れ

f:id:somewherearoundhere:20200209005145j:plain

9時半頃起床。朝食はきゅうりトースト、アメリカーノ。11時過ぎに夫は床屋へ出かけた。私はTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」を聞きながら友人にメール、メールボックスの整理、PCのデータ整理など。

13時過ぎに夫が帰宅。二人が大好きなカレー屋さんからテイクアウトしてきてくれた。お米は2合研いで、夫が帰宅したら炊けるように準備しておいたが、「えっ2合しか用意してないの?」と、けっこう真剣に怒られたので笑いそうになった。「冷凍ごはんがあるから大丈夫だよ」と言うと平常心を取り戻したようだけれど、「このカレーにご飯ふたりで2合なんて足りなくて死ぬ」とか言っているから「逆に私が殺されそうだったわ」と言い返しておいた。きゅうり、トマト、茹でて保存してあったブロッコリーで簡単なサラダを作り、遅めの昼食。たらふく食べた夫はそのままソファで眠ってしまった。しばらく経って「もう5時だよー」と声をかけてみたりしたけれど、ちょっと目を覚まして「俺だけの責任なわけ?」みたいなことをけっこうマジな感じでキレてる風に言ったと思ったらまたすぐいびきをかいて寝だすから、おおこわ、と思って放っておいた。起きたのは夜7時半で、結局3時間も寝てた。その間私は、ずーっとネットサーフィン。

インスタグラムで夫が勝手に信頼している人が「サッポロ ゴールドスター、美味しい」と言っていた。それを見た夫は、昨日の夜カクヤスに注文し、注文から1時間足らずでカクヤスが持ってきてくれた(カクヤスってすごい)。とりあえず飲んでみようか、ということで冷蔵庫で冷やしておいたのを飲んでみると、薄さは確かに第3のビールだけれど金麦よりも苦味が強い感じ。食事と一緒にゴクゴク飲むにはちょうどいいかもしれない。夫は試しに飲むこともせず2ケース注文したので、たとえ好みの味じゃなかったとしても「まずい」とは言わないと決めていたようだけれど。

あまりお腹が空いていなかったので、夕食はビールとお茶とざらめのお煎餅1枚。夫はぽりぽりおつまみやらグミやらを食べ、チキンラーメンまで食べていた。そしてまたソファで寝ている(深夜1時12分)。

2月7日 金曜日 晴れ

f:id:somewherearoundhere:20200209003019j:plain

5時前に起床。身支度をして5時45分に迎えのタクシーで駅に行き、東京駅から7時前の特急電車に乗る。イヤホンを忘れるという痛恨のミス!のため、ほとんど眠って少し仕事をして目的地に着いた。日中は現地で仕事。15時半過ぎに仕事が終わりタクシーで最寄駅へ行き、17時半の特急電車に乗って帰京。先月同様、帰りの電車で少し気分が悪くなり、帰りもほとんど眠っていた。気分が悪くなる原因は、なんだろう。電車の揺れは往路も同じだろうし、会議の雰囲気の悪さのせい?軽い酸欠?昼食のおにぎり?霊?いずれにしてもあと1〜2回来ればこの仕事もおしまいだから、まいっか。

東京駅で夫が待っていてくれるというサプライズ。うれしかった。地下でお弁当を買って、一緒に電車に乗る。自宅最寄駅で降りたとき、夫が「俺の目の前に立ってた人、見た?」と言うので聞いてみると、かなりいかついマスク(防塵マスクみたいな、防毒マスクみたいな)を付けていたらしい。え!と思って走り出した電車を見たけれど、その男性は夫が座っていた場所に座ってホームに背を向けていたし、フードをかぶっていたので、マスクの様子は全くわからなかった。ただのおしゃれアイテムとかコロナウィルス対とかじゃなくて、あの男性が毒を撒き散らそうとしているテロリストだったら怖いね、と夫が言っていた。コロナウィルスよりも、異様な人がいても通報されないのが怖い。

2月6日 木曜日 晴れ

f:id:somewherearoundhere:20200209002200j:plain

朝食はチーズトースト、いちご。昨夜帰りの遅かった夫は、いちごだけ食べて私の紅茶を少し飲んでいた。

昼過ぎに外出して客先で会議に出席し、そのまま直帰。駅のエスカレーターで、小学生の男の子が一生懸命スマホをいじっているので「危ないぞ」と言おうと思ったら、彼はゲームではなくて写真に落書きをしていた。そして後ろに立つ私にも見えるように、角度を変えて見せてきた。イマドキのらくがおは教科書だけではないのだね。

帰宅してすぐにシャワー。夫が買ってきたくれたお弁当を食べて、少し休んで、22時半頃就寝。きのうとうって変わって、とても寒い1日だった。