こんなかんじ

体力低下中

4月3日 金曜日 晴れ

f:id:somewherearoundhere:20200405171123j:plain

今週もフルで出勤した。このままGWまで在宅勤務にならないような気がしている。日中派遣会社に電話してみたら来週には在宅勤務になる見込みと言われたけれど、精神的にくたびれるので、そう言われようと期待するのはやめた。毎日定時に出退勤していて普段と変わらない生活のはずなのに、なんだかものすごく疲れている。慣れないマスク生活で肌が荒れたり、酸欠になったりしているからだろうか。コロナ疲れ、コロナ鬱。もっと軽やかに、神経質になりすぎないように、こういう時こそくだらないことでケラケラ笑っていたいと思う反面、気づくとTwitterでコロナのニュースを見ていたりする。たぶんすごくこわい顔をしている。

右でも左でもないと思っているし、政治活動に積極的に参加したいと思ったこともないけれど、政治については、世の中の大半の人が歳をとるにつれて少しずつ身近に感じていく程度の興味は持っている。原発には反対だし、政府のコロナ対応にはほとほと呆れている。専門家や著名人が、いくら「緊急事態宣言を取るべき」と声をあげても、相当やばい状況にならない限り、緊急事態宣言は発令されないのだと思う。こういう時に速やかな対応を取れないとか、大胆な対策を打ち出せないとか、いかにも保守的な日本の政治だなと思う。ドイツでは、芸術や文化的な仕事に携わる企業に対し、最大6兆円の助成を発表した。日本は「クールジャパン」とか言ってアニメで国を宣伝しているくせに、具体的な支援は今のところ何も表明していない。ほんとダサい。

夕食には豚バラをスキレットで焼いて、生ピーマンに乗せて食べた。シンプルに美味。

3月31日 火曜日 曇り時々雨

f:id:somewherearoundhere:20200405170230j:plain

きょうも出勤。自発的に時差出勤をしてみた。派遣社員が出勤するために出勤せざるを得ない上司には「遅刻扱いでかまいません」と連絡を入れた。10時台の電車はいつもより空いてはいるが、当然他人と離隔距離を保てるほどではない。つまり、定時に出社する時とさして違いはないということか。

昼休みに本屋へ行き、文庫2冊と雑誌1冊購入。会社の対策要項は日々アップデートされ、ついに「派遣社員も在宅勤務」と付け加えられたけれど、相変わらず「明日も出勤してください」と言い渡された。

帰りの電車で「東京都で新たに78名感染」というニュースを見た。すぐにでも在宅勤務ができる状況であるにもかかわらず、契約やなんだかんだで在宅勤務できずに乗車率ほぼ100%の電車に乗って人の少ない会社に行く…ばからしくなって泣けてくる。

 

今日の写真は無いので、ネットで話題になっていた妖怪アマビエの画像を貼っておく。会社も行政も政府も信用できないから、もう妖怪にお願いするしかない。

 

3月30日 月曜日 曇り

f:id:somewherearoundhere:20200405164102j:plain

志村けんが亡くなった。10時過ぎ、相変わらず会社に出勤して仕事中、妹からのLINEで知った。志村けんがコロナウィルスに感染したとニュースで報じられたとき、どうしよう、と心配する妹をよそに「手厚い医療を受けられているだろうしきっと大丈夫だよ」というメッセージと、バカ殿の「だいじょぶだぁ!」というスタンプを返信した。100%そう思っていた。回復して、退院して、世界中でコロナウィルスが落ち着いてから仰天ニュースSPとかに出て、コロナ感染体験を話してくれる、みたいなイメージまで持っていた。まさか亡くなるなんて。

子供の頃から大好きだった。自分の父親と同じ名前で、同じ年齢で、子供心にそれが誇らしかった。

志村けんのLINEアカウントができたとき、すぐに「お友だち」になった。夫が出張や飲み会で不在の夜には、なぜか「バカ殿」や「だいじょぶだぁ」の放送があった。放送の前にはLINEで「本日19時から〜」って、いつもお知らせしてくれていた。いつも画像が添えられていたから、せっせと保存していた。きょう貼っておいた写真も保存しておいたもので、柄本明との大好きなコントのひとつ。3月には、がんばれニッポンスペシャルを放送していたのに。コロナウィルスが憎い。心にぽっかり穴が開いた。

 

夜は都知事の会見を見た。深夜1時就寝。